Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
読書メーター
wa-runの今読んでる本
TRIBUTE LINKS
RECOMMEND
PROFILE
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
Misc.
ARCHIVES

楽屋日記

仕事、観劇、だらだらの日々
<< 「土蜘蛛」 | Main | 8月の本 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - |
桜づくしの結婚式
 晴天の空、桜の咲く中、友達の結婚式に参加してきました。

  御桜さんの結婚式です。



 前日まで予報は雨で心配されてたんですが、当日は見事晴れ! 御桜さんの希望通り桜も咲いて、結婚式日和!

 

 


 チャペルのステンドグラスがとても美しく、入ってきた花嫁さん(つまり御桜さん)もまあ本当にきれいで、とても素敵な挙式でした。ウエディングドレスがお友達の手作りってきいていたので、すごいな〜、手作りでここまでできるんだ!とかきれいだなーとか、桜のブーケだよ、さすがだな!としみじみ見てしまってこの時点では正直感動までたどり着いてなかった。雰囲気に飲まれてたのもあるのかなあ。





 チャペルの外でフラワーシャワーがあったんですが、そこで一緒に写真を撮れる時間があって、そこで友達に囲まれて写真を撮ってる御桜さん見てたら、なんかじわじわ感動がやってきまして。こんなに沢山の人に祝福されて幸せそうだなあとかしみじみ考えてしまってですね、いざ一緒に写真撮る段になって妙に泣きそうになってる自分がいたりしました。




 続いて披露宴。披露宴会場がこれまた素敵なところでした。ゲストの席の後方にアンティークな雰囲気漂うスペースがあって、ソファーとか暖炉とか、ものすごい私好みだったのでゆっくり見て回れなかったのがちょっと残念。真ん中にグランドピアノが据えてあるのも迫力だったな。

披露宴もオープニングにプロフィール紹介、エンドロール映像が自作してあったり、手作りのメニュー表が添えてあったり、細かな演出までもとても凝っていて、ゲストを楽しませようって心意気がものすごく伝わってきました。式直前残業三昧だったのを垣間見ていたので、すごく頑張ったんだなあと。


 御桜さんのお友達の小夏鮎さんが特別ゲストとして歌を披露されたんですが、桜の好きな御桜さんへ桜にちなんだ選曲で、またこれが私の好みドンピシャな選曲。鮎さんの歌声もすごくきれいで透明感があって、それでいて凛とした力強さみたいのも感じられてすごく素敵でした。聞き入ってしまった。歌う直前までお話させてもらってた鮎さんはたおやかでふんわりした雰囲気だったのに、どこからあんな声が出てくるんでしょう〜またライブ開催されるならぜひともお邪魔したい! 最初少しざわざわしてた会場がいつの間にか皆鮎さんの声に聴き入っていました。さすが!

 お色直し後のドレスも色々試着していたのを少し写真で見せてもらってたものの、こだわってただけあってとても似合っていて、眼福でした。キャンドルサービスの変わりにティーサーブというのか、花茶をテーブルごとに淹れて回ったんですが、わがテーブルの花がなかなか咲かず、皆で応援するなんて場面も(笑)




 本当に沢山の幸せのおすそ分けを頂いた一日でした。最後の新郎新婦がゲストをお見送りしてくれる場面では、披露宴で使ったブーケを頂いてしまいまして! 真っ赤な薔薇のプリザーブドフラワーのブーケでした。こんな大事なもの頂いて良いんだろうか〜記念に自分でとっておいたほうが良かったんではと帰って生花じゃないのに気づいて思ったのですが、せっかくの好意なのでありがたく頂きました。大事にしますね。



 今回わたし、知人もなく一人きりでの参加で実はちょっと不安に思いつつ参加したんですが、隣の席の御桜さんの友達の女の子や鮎さんが気を遣ってくれて披露宴自体とても楽しむことができました。心を砕いてくれた皆さんに感謝です。もちろん皆さんによくよく頼んでくれていた御桜さんにも。

 新郎新婦本人方の心づくしはもちろん感じたんですが、ドレスを友達が手作りで作ってくれたり、ウェルカムボードを書いてくれる子がいたり、ウェルカムドールを作ってくれたり・・・・・・御桜さんを祝おうという周りの人たちの気持ちもすごく感じられる温かい式でした。そういう人たちがいるというのはとても幸せなことですが、それってそういう人間関係を築いて大事にしてきた彼女の努力や人柄があってこそだと思うんですよね。だから余計に感動したのかもしれません。


 気づけば御桜さんと知り合って20年たっていました。でも一緒に過ごしたのは小〜中学校4年間だけ。あとは岡山〜九州と離れてしまって細々と続いてきた、私にとっても唯一の幼馴染といえる存在・・・ということにこないだ気づいたのですが(笑) そんな私まで式に呼んでもらえたのは本当に嬉しかったです。ありがとう。


  末永く、お幸せに!






 ・・・・・・久々に書いたと思ったらめっちゃ長いし。
だって上手く言葉にできない〜もっと感じたことを的確に表せられたら良いのになー。
私の文章力じゃちっとも感動を伝えられないな
| 日記 | 01:12 | comments(0) |
スポンサーサイト
| - | 01:12 | - |
Comment
White









Trackback URL
http://underground.jugem.cc/trackback/713
Trackback